無垢材と合板の違い

無垢材と合板の違い
家具量販店などで多く使用されている【突板合板】とは異なり、CUCULINOの家具の大部分は【無垢材】又は【無垢の集成材】を使用しています。ですがこの【合板】と【無垢】の違いを正確に理解している方は意外と少なかったりします。さらに現在では木目を印刷しただけの【プリント合板】などもあり一目見ただけでは見分けがつかないと感じる方もおられるかもしれません。ここではそんな板材の違いについて説明していこうと思います。

チーク

【無垢材】

無垢材とはその名の通り『何も手を加えていない木そのもの』のことを言います。丸太を板状にスライスし、その板を家具のパーツとして使用しているのが無垢家具です。CUCULINOの家具も一部の家具の棚板などを除いて、ほぼ全てがこの無垢と言っても過言ではありません。一般的に【無垢材は良い物だが扱いにくい】と思われがちですが、メリットとデメリットをしっかり理解していけば、後悔しない家具選びができます。

【無垢材のメリット】

1:木の質感や経年変化が味わえる
2:アレルギーやシックハウス危険性が低い
3:重厚感があり頑丈で壊れにくい
4:何度でも補修ができる

1や2のような木の質感や経年変化が味わえるという点は無垢材の最大のメリットです。人工物にはない温かみが感じられ肌触りも良く、どの面にも同じ模様はありませんので『家具が生きている』という事が実感できます。

そして無垢の家具は何といっても丈夫で頑丈なのも特徴です。特にチークなど銘木と言われる木材を使用した家具は【親子3代で使える】とも言われており、何十年という期間使えるのも魅力です。合板と異なり天板を削ったり、割れを埋めたりと補修作業も自由にできますので味わいを残しつつ長く使えるのです。

【無垢材のデメリット】

1:重い
2:合板と比べ高価
3:割れや狂いが生じる場合がある

無垢材の欠点として良くる『重い』『高価』という点です。化学繊維が多い合板と比べるとどうしても高価で重量があるのは事実で、さらにチークなどの銘木は繊維と繊維の『目』が詰まっていますのでさらに重く感じられます。

ですが一概に【重い=デメリット】かと言われるとそうではなく【重さと頑丈さは比例】していますので、硬ければ硬いほど頑丈とも言えます。価格面で考えても、一度の出費は大きいがその分長く使える家具であれば長いスパンで考えるとお得だったりもするかもしれません。

そして無垢材の最大のデメリットとして上げられるのが『割れ・反り』などの状態の変化です。では無垢材はなぜ割れるのでしょうか。答えは『湿度の調節をしているから』です。木材は空気が乾燥していると自分から水分を放出して縮みます、逆に湿気が多いと水分を吸収して膨らむのです。

よく無垢家具の注意点として『湿度の調節(乾燥を避ける)』『直射日光を当てない』『暖房機器の前に置かない』などが上げられますが全てこの水分調節による伸縮を懸念したものです。特に新しくお部屋に入れた直後が一番動きやすいので『購入してすぐにテーブルが割れてしまった』というような問い合わせが多いのもこの為です。

メンテナンスや修理は面倒・難しいと言われがちですが、実はコツをつかめば簡単です。家具の補修方法についてはコチラをご覧ください。



マホガニー

【合板】

合板の歴史は100年ほど前からあり、意外と古い技術になりますが元々は木材の不足から生み出された技法です。CUCULINOの家具にはほぼ使われていませんが、家具量販店さんなどでは多く使用されていますので目にする機会も多いと思います。次はそんな合板家具について説明していきます。

【合板のメリット】

1:安価で木の雰囲気を味わえる
2:軽い
3:割れや反りが起こらない

合板の主な仕組みはMDF(中質繊維板)などを使った心材の上にベニヤ板を重ね、さらに木を0.2mm程の薄くスライスしたシート状に加工し、表面に張り合わせていますのでまるで本物の木が使われているかのように見えるというのが大きな特徴です。実際にチークのスライスやマホガニーのシートを使用して作った板を【チーク材】【マホガニー材】などと【材】をつける事で無垢と区別して販売している場合もございます。

心材は別の素材となっておりますので工場での量産が可能ですので価格も安価で重量も軽いので、無垢家具と比べてお手軽な商品が多くなっております。

表面の木材シートは極薄にスライスされていますので【割れ】や【反り】などが起こらないという事もメリットとして上げられます。

【合板のデメリット】

1:経年劣化が起こり補修がきかない
2:肌触りが悪い
3:独特の臭いがある

合板に使われているシートは大変薄く自然に割れや反りが起こることはありませんが、その反面で人工的に付けてしまった傷などが表面のシートを突き破ってしまった場合は補修ができないので、キズやシミが蓄積されていってしまいます。その為、定期的な買い替えや天板の張り替えなどで費用がかさんでしまう場合があります。

肌触りも通常の木材と異なり、木肌を撫でた時にシャカシャカといったような軽めの音がする合板も多いです。そして心材の成型時やベニヤ・シートなどの張り合わせ時に接着剤を使いますので、使い始めはボンド特有の酢酸(酸っぱい)の臭いが感じられる場合があります。



■木材について 木材について

■無垢材と合板の違い 無垢材と合板の違い

■無垢家具のメンテナンス方法 無垢家具のメンテナンス方法

■アウトレットアイテムについて アウトレットアイテムについて