テレビボードアイコン

家具の選び方【ダイニングテーブル編】



家族が増えて大きなテーブルに買い替えようという時に「4人掛けのテーブルの理想サイズが分からない」「丸テーブルの3人掛けって何センチ?」なんて困ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここではそんなダイニングテーブル&チェアの選び方を紹介しています。


【四角いテーブルのサイズ選び】

【1人に必要なスペース】

一般的に四角いテーブルで1人が食事する際に必要なスペースは【横幅60×奥行40(cm)】が目安と言われています。
ちなみに海外ではテーブルの中央に燭台やランナーを置く場合があるのでかなり余裕を持った奥行になっています。

【2人掛けテーブル】

対面で座る2人掛けは奥行きが80cm必要になってきますので、このサイズに4辺を合わせて【横幅80×奥行80(cm)】前後がベーシックなサイズになります。カフェやバーなどの2人掛けは65〜70cmなんてサイズもありますが、ご家庭で使つ場合にこのサイズだとかなり使用が制限されてしまいます。

【4人掛けテーブル】

単純に計算すると横幅120×奥行80(cm)が目安となりますが、実はこのサイズだと合わせるチェアが細身のアイテムに限定されてしまいます。現在では4脚バラバラのチェアやベンチソファ等と合わせるスタイルも人気ですので【横幅140〜160×奥行80(cm)】を目安にされるとコーディネートの幅が広がります。

【6人掛けテーブル】

コチラも単純に計算すると横幅180×奥行80(cm)が目安ですが「3人、3人の横並び」か「長手に2人、両サイドに1人」なのかによってサイズが異なってきます。前者の場合は4人掛け同様にチェアの自由度を考えると【横幅190×奥行80(cm)】程度、後者の場合は【横幅180×奥行90(cm)】を目安にすると使い勝手とコーディネートのバランスが取れます。

是非参考にしてみてください。

  • 2人掛け【横幅80×奥行80(cm)】
  • 4人掛け【横幅140〜160×奥行80(cm)】
  • 6人掛け【横幅190×奥行80(cm)】(横並びに3人づつ座る場合)
  • 6人掛け【横幅180×奥行90(cm)】(長手に2人、両サイドに1人づつ座る場合)
四角いテーブルのサイズ選び

ダイニングテーブルの一覧はこちらからご覧いただけます。



【丸いテーブルのサイズ選び】

【1人に必要なスペース】

丸テーブルの1人に必要なスペースは四角いテーブルの目安から面積面積を計算して算出します。
横幅60×奥行40(cm)が一人分のスペースとなりますので、面積に直すと2,400cm2じょうが丸テーブルの目安となりますが、 2人掛けや3人掛けの場合はデッドスペースが大きくなりますので少々小さめのサイズを目安にします。

【2人掛けテーブル】

2人掛けの場合は2,400(?)×2=4,800(?)が目安になりますので直径79(cm)が計算上のベーシックなサイズになりますが、円の1/2のスペースをフルに使用するのは中々難しいので【直径70〜75(cm)】が無駄のないサイズと言えます。

【3人掛けテーブル】

3人掛けのスペースを単純計算すると2,400(?)×3=7,200(?)が目安になりますので直径に換算すると94cmとなりますが、2人掛けと同様に3人掛けも占有割合が大きくデッドスペースが多くなってしまいますので【直径85〜90(cm)】を目安にすると無駄なく使用できると言われています。

【4人掛けテーブル】

最も人気のある4人掛けテーブルですが計算上では2,400(?)×4=9,600(?)が目安になりますので直径110cmが目安になりますが、4人掛け以上の場合はチェアも含めたテーブルを設置するのに必要なスペースも大きくなってきますので【直径100〜110cm】が丁度良いサイズになります。

【5人掛けテーブル】

最後に5人掛けテーブルですが計算上では2,400(?)×5=12,000(?)が目安になりますので直径125cmが目安になりますが、5人掛けテーブルも4人掛け同様に設置スペースが大きくなってきますので【直径120cm〜】が丁度良いサイズになります。6人以上のサイズになると丸テーブルの設置スペースが大きくなりすぎるのでCUCULINOでは特注でのみお受けしております。

  • 2人掛け【直径70〜75(cm)】
  • 3人掛け【直径85〜90(cm)】
  • 4人掛け【直径100〜110(cm)】
  • 5人掛け【直径120(cm)〜】
丸いテーブルのサイズ選び

ダイニングテーブルの一覧はこちらからご覧いただけます。



【ダイニングテーブルの設置に必要なスペース】

ダイニングテーブル設置する際にテーブルその物のサイズを見て「置ける・置けない」の判断をしてしまう方も意外と多いと思います。しかしダイニングはテーブルだけではなくチェアやその周りの生活スペースも確保しなくてはなりません。実際に生活してみて「あれ?意外と使いずらい!」なんて事にならない為に設置に必要なスペースを解説していきます。

【チェアの占有スペース】

一般的にチェアを出し入れするのに必要なスペースは【50〜60cm】と言われており、実際に座った際に占有しているスペースは30〜40cmと言われています。もちろんチェア自体の座面サイズによって差異はありますが概ね上記のスペースがあれば問題ありません。

【チェアの後ろのスペース】

そして意外と忘れがちなのが設置した椅子のさらに外側に必要なスペースです。日常生活で椅子に座っている人の後ろを通るなんて事は頻繁にあると思いますが、実際にどの程度のスペースが必要なのかというと【約70cm】と言われています。ちなみに2人が体を斜めにして交差する場合は90cm程度のスペースが必要と言われております。

上記を踏まえて4人掛けのテーブルで計算すると
角テーブル:【80+100+140=奥行320cm】
丸テーブル:【110+100+140=直径350cm】
が必要なスペースである事が分かります。

ダイニングテーブルの設置に必要なスペース

ダイニングテーブルの一覧はこちらからご覧いただけます。