テレビボードアイコン

家具の選び方【チェア・スツール・ベンチ編】



今では海外製の座面の高い商品や和室に合うような座面低いタイプまで様々なデザインの商品を選ぶことができますが、実際に気に入ったチェアとテーブルを合わせてみたら「高さが合わなかった!」では悲しすぎますよね。ここではテーブルやデスクに合わせるチェアやベンチなどの選び方を解説していきます。


【チェアの選び方】

【ダイニングチェア・デスクチェア】

チェアを選ぶ際に最も気を付ける点はテーブル天板〜チェアの座面まで距離です。
最も理想的な距離は【約30cm】と言われており、これより低いと食事や作業をする際に肘を張るような形になってしまい、逆にこれよりも高いと前に屈むような姿勢になってしまいます。日本で販売されているダイニングテーブルは75cm前後の物が多いのですが、この場合に単純計算すると座面までの高さが45cm前後の物を選ぶ形になります。

【スツール】

スツールを選ぶ際も基本的な天板〜座面の距離【約30cm】に関しては変わりないのですが、店頭で商品を目視で選ぶ際に気を付けなければいけないのが【背もたれが無い分全体が低く見える】という点です。感覚的には5cm程度低く見える事が多いので、購入の際はサイズを良く確認してください。

【ベンチ】

ベンチも基本的な天板〜座面の距離は同じですが、特に気を付ける点は【背もたれと座面の奥行】です。背もたれがあるベンチでは座面が狭いと体が前に出すぎてしまい座り心地が悪くなってしまうので座面の奥行が【40cm程度】の物を選びます。背もたれ無しのベンチは体を置く位置に制限がないので【30〜35cm程度】スペースは十分ですが、ピッタリと壁を背負うようなコーディネートの場合は背もたれ有りのサイズを選んでください。

チェアの選び方

チェア・スツール・ベンチの一覧はこちらからご覧いただけます。