無垢家具を長く使う為のお部屋環境

無垢家具を長く使う為のお部屋環境



CUCULINOの家具に限らず無垢材を使用したアンティーク家具やオイルフィニッシュの家具にはお勧めの環境というのがあります。肩肘を張って「絶対に守らないといけない」と考えるとちょっと疲れてしまいますが、参考までに知っておくだけでも全然違うもの。こちらのページではそんな環境について説明いたします。


乾燥はできるだけ避けて

【乾燥はできるだけ避けて】

無垢材を使用したオイルフィニッシュの家具はとても不思議で、空気が乾燥すると木自身が湿度を調節しようと水分を放出するという特性を持っています。実はこの特性がちょっと曲者で水分を放出し続けると反りやひび割れを起こしてしまう可能性があると言われています。無垢家具特有のトラブルの大部分は木が水分を放出した事による収縮である事が原因の大半なんです。

ではそのどれくらい乾燥すると水分を出してしまうかというと、目安は湿度25%以下と言われています。この値より低い状態が長く続くと木が動き始めるので、お部屋の湿度は30%以上が理想とされています。CUCULINOのチークを使用した家具は天然のタール(油分)が大変多い木材ですので、乾燥や大きな変化にそこまで神経質になる必要はありませんが、どんな木でも湿度が高いに越した事はありません。



修理・リメイク

【家具も汗をかく】

人間が暑い場所にずっといると汗をかいて喉が渇くように、家具自体が熱を持つと周りの湿度に関係なく水分が蒸発してしまった結果、木が収縮してしまい反りやひび割れを起こしてしまう場合があります。

家具自体が熱を持つことってあるの?と感じてしまう方もいると思いますが、多い例としては直射日光が長時間当たっている場所やストーブやエアコンからの熱が直接当たってしまっている場合です。『灯油ストーブだから加湿はバッチリ』と思っていてもストーブに近すぎて割れてしまったなんて事もありますので設置場所にも気を使うとより良い状態で長くお使いいただけます。



日々のメンテナンスでトラブルを予防

【日々のメンテナンスでトラブルを予防】

先で説明したような割れや反りなどのトラブルは家具メンテナンス用のワックスを塗る事で予防が可能です。使用するワックスは弊社でも販売している家具専用の『蜜蝋ワックス』の他、一般的なホームセンターなどにも売られている『荏油』や『レモンオイル』などもお使いいただけます。特に無色かつ天然素材のものがお勧めですよ。

メンテナンスの詳しい方法はコチラの『無垢家具のメンテナンス方法』ページを参考にしてください。
ひび割れの補修方法も紹介しています。



その他のお勧めコンテンツ

5つの安心サポートバナー 使うアンティークバナー 無垢家具のお部屋環境バナー あの家具の名前ってなに?バナー